大阪でのデリヘル利用のメリットは誰かに知られる心配がない

Delivery Health

デリヘル閉店セール

赤い唇の女性

デリヘルが、閉店セールというのをやっていました。
在庫があるわけでもないし、なぜ安いのか全然わかりませんでしたが、30%オフということで、だったら利用してみようと電話をかけました。電話番の人の愛想もいい感じで、いいお店っぽいのに不思議でした。女の子について予約をしてから、なぜやめるのかとちょっと聞いてみると、まあ不景気ですから、とお茶をにごされました。
女の子は、ちょっとつかれた感じを出しながらやってきました。もう今日は五人目だから大変だけど、これで最後だから頑張りますね、と笑っていました。閉店セールの関係かと聞くと、そうらしいです。今後はどこか他のお店に?と聞くと、不思議そうな顔をされました。
女の子は言ったとおり、疲れを感じさせないプレイで、私の体中をぬるぬるに気持よくしてくれまいた。一回や二回では満足できないのか、三回発射させるまでがんばってくれたので、本気でお礼を言ってしまいました。
今度のお店はどこか決まったら教えて下さいと言ったら、辞めませんよ、とのことです。詳しく聞くと、このお店は、たまに閉店セールと称して価格を下げるサービスをするそうですが、閉店したことはないそうです。そういえば、そんな感じのお店もあります。風俗店でもそういうのがあるのだなあ、と笑いました。